温泉街のBarista日記☕️

長野に住むバリスタが県内やその周辺の観光・温泉・グルメ情報、海外旅行の経験談を書きつ綴っています。

長野COFFEE☕️「Piano Piano(ピアノピアーノ)」

 食事後に美味しいコーヒーで〆たいと思うことはありませんか?

 

 そしてそんな時、美味しいコーヒーに巡り合えていますか?

 

私の答えは 「 N  O   」 です。

 

 私の人生において

 食事は美味しいのにコーヒーは残念な事はざらにあります。

 というか十中八九そうです。

 

そんな訳で私は、どんな時も美味しいコーヒーを飲めるように

お店開拓には余念がないのです。

 

今回は川中島にあるこちらのお店をご紹介!!

f:id:shimada831:20200806081400p:plain

オープンは2019年7月

f:id:shimada831:20200806081708j:plain

店内はおしゃれシンプルでまとめられています。

f:id:shimada831:20200806081827j:plain

今回はシングルオリジンのホットコーヒーとかぼちゃケーキを発注

f:id:shimada831:20200806080255j:plain

ぎゅっと詰まったかぼちゃケーキにシングルオリジン(この日はエチオピアだったかな?)の

コーヒーがとてもまりあーじゅ

f:id:shimada831:20200806082232j:plain  f:id:shimada831:20200806082259j:plain

軽く食事することも可能で、ホットサンドやハニートーストもあるようです。

 

 お店の場所はコチラです。

店名 Piano Piano(ピアノピアーノ)
住所 長野県長野市川中島町御厨1037
電話番号 026-285-9305

f:id:shimada831:20200810102926p:plain

 

 長野県のコーヒー文化は

一昔前にあった日本の喫茶店ブームを牽引しているようで

焙煎度合いが深煎り寄りのコーヒーが主流となっています。

 

 5年前くらいには東京あたりで「サードウェーブ」がブームとなり

浅煎りのコーヒーを提供するお店が増えました。

しかしそれは大都市圏での話であって地方では深煎りコーヒーが今でも主流です。

 

 私もコーヒーに関連する仕事をしていて感じるのですが

お客様のニーズがあるコーヒーって良くも悪くも深煎りなのです。

昨今、毎日のようにコーヒーを飲む世代(習慣づいて自分で豆を挽いてコーヒー飲む人)って

やっぱりご年配の方が多いような気がします。

 

その方たちは、喫茶店ブームを経験していてコーヒーといえばコクがあり苦い飲み物として

認識されているのだと思います。

 

 私はそのへんの先入観を解いて

もっと多くの人に「食後のお供として」「休憩の一部として」「生活の一部として」

親しみやすいものにしていきたいなぁ〜と考えているのです。

 

 もっと敷居を低く気軽にね〜 ☕️